ジャンクギターのリペア(失敗)

えー、先日ハードオフに立ち寄ったらですね、大変な状態のギターを発見してしまいまして。

Aria Pro IIのWildcatというシリーズのどれかだと思うのだが、とんでもない改造が施されていてツッコミどころ満載。「これはヤバい」と直感したので、衝動的に買ってしまった。ちなみに音はでないとの事だったが、ノイズが極めて酷いだけで音は出るには出た。

WildcatシリーズはHH配列だったりSSH配列だったりするのだが、ハムバッカー1発なんてモデルは存在しない。このギターはどうもピックアップを外して埋木してあるようで、どうやら元はSSH配列だったようだ。

それでハムバッカー1発ならピックアップセレクターはいらないし、多分元の持ち主はトーンコントロールも使わない人だったらしいので、それらを取り外した上にピックガードも取り外し、ボディトップのザグリをこれまた埋木したようだ。そしてこの不審なガムテープは一体どうなっているのかというと……。

うわ、外れた。普通はタイトボンドでも使ってくっ付ける気がするのだが、面倒だったのか失敗したのか。

ボディトップのザグリを埋めちゃったら電装系はどこから入れるかというと、そりゃあボディの後ろからになるのだが、当然そんな穴は本来開いていないはずなので、これまた前の持ち主が自前でボディを掘ってある。

このギターで一番不可解なのがこの部分。何が不可解って、本来トレモロユニットってスプリングのテンションをボルトの締め付け具合で調整できるようになっているはずで、事実このギターは本来スプリングを引っ掛けるプレートをボルトで止める位置にそのための穴が開いていた。つまり、前の持ち主はわざわざスプリングのテンションを調整できないように改造したんだな。


というわけでまあ、大変なキワモノを手に入れてしまったわけだが、これをどういう風に直すかはまだちょっと考え中。電装系は総とっかえとして、あと大まかな方向性としてはブリッジをトレモロからハードテイルに変更してパーツをブラックで固めるつもりなのだが、そっから先は未定。いろいろ怪しい事を思い付いてはいるが。

思っていたより酷かった 

いやー、いろいろ忙しかったりしてすっかり放置していたが、まあそろそろ取りかかるかなあと思ったのだが、よくよく見たら相当モンドな逸品だと判明。

えーと、何コレ? てっきり普通に埋木したもんだと思っていたが、どうも全然違っていた模様。何やら良く分からんもので埋められている。これは一体どういうことだろうか。思っていたよりもワイルドな改造で、なんつーか何をしたんだ前の持ち主は?

ヘッドには血飛沫っぽいシールが貼られていたが、別にそんなもん要らないので剥がした。これが何気に大変な作業で、今回は別に塗装をやり直すつもりではなかったのでヤスリでガーッとやるわけにも行かず、湿らせたティッシュで延々と擦ったりなんだなりでどうにか剥がした。

それで分解していて気がついたのだが、ピックアップはディマジオ製らしいが、元の改造が改造だけに純正のものではないだろう。直流抵抗からするとSuper Distortionの初期型と思われる。

今回はブリッジをハードテイルに変える予定なのだが、とりあえず今日はブリッジ固定用のネジ穴のネック寄りの方を開けるところまで。ブリッジ後方にも3ヶ所ほどネジ穴を開ける必要があるのだが、元がフローティングトレモロユニットのために空洞になっているため、そこは適当にスペースを埋める必要がある。まあ何か適当な木材を買ってきてカットしてタイトボンドで貼り付けかなあ。

それと思っていたよりも無茶苦茶な状態な事もあって、今回は下手に塗装を剥がして埋木してみたいなのはやらない方が良さそうに思える。あまり趣味ではないが適当なアクリル板でピックガードを自作して、穴や傷を盛大に隠す方向で行こうかなと。

ブリッジの取り付け+α 

写真はホームセンターで買ってきた小さめの木材をカットして張り合わせ、さらに隙間をパテで埋めたところ。この後の写真は撮り忘れたが、まあ普通にドリルで穴を開けてネジ止めできたのでそれほど書くこともない。元のブリッジ用の穴がデカデカと開いていたりするが、これはピックガードを大きめに作って隠す予定である。

そして目下の問題はそのピックガードでな。

アクリル板は1mmの厚さでもなかなか硬くて割れやすく、腕も機材もしょぼい俺には荷が重すぎた。なので塩ビ板で試しに作ってみたんだが、これがイマイチしっくりこない。形状はまあもう少し丁寧に作ればいいとは思うのだが、しかし問題はそこではない。そもそも本体がもうボロボロだからピックガードだけ新しいのを、それも薄い塩ビ板で作ってもあまり格好良く見えないように思える。

かといってなあ。再塗装はなあ。いや思っていたよりも状態が滅茶苦茶だから、ここで塗装剥がしたらヤブヘビな気もするんだよなあ。どうしたもんだろ。今度塗装をやり直すならステインで色を付けてそこからニス塗りかなあと思っていたのだが、これ一体マジで前の持ち主が何やったのかさっぱりわからんのだよな。

最終手段として「ツキ板を貼り付けて塗る」という手段がなくもないので、ちょっと検討しておくか。しかしそこまでやると完成は大分先になるなあ。何か前のギター同様、どんどん大事になっていっているような気が……。

中止というかなんというか 

とりあえず塗装を剥がして無理やり埋木というか何か訳分からん事をされているらしいところの修繕をするかと思って作業してみたらですね、いやもうドリルやヤスリをちょっとかけるだけでシャレにならない異臭発生。これはもうできるできないの話ではなく健康を害しそうになったので、このギターをいじるのは中止。きちんとした設備のないマンションの一室で作業する以上、塗料にしろ他の材料にしろあんまアレなものは使えないのでねえ。(俺が水性ウレタンニスとポアーステイン以外で塗装しない理由がこれ。)

まあ、付いてたピックアップがDiMarzioのSuper Distorsionの初期型だったらしく、それを格安で手に入れた上で代わりに粗大ゴミの処理を承ったと考えればまあそんな悪くはなかったか。

更新履歴 

2013-05-06
中止
2013-02-19
ブリッジの取り付け
2013-02-11
とりあえず分解して作業開始
2012-11-08
公開