ジャンクベースのリペア

えー、先日また某中古ショップで大変な状態のベースを見つけてしまいましてね。ちょうど

というのを超ダウンチューニング用に欲しいなあと思っていまして、そしたらそれに合致するのがジャンク扱いの値段で売られていたと。これはもう買って改造するしかねえなと。

そんでこのベース、Anboyとかいうシリーズの製品なのだが、どうもこれフジゲンが作っていたシリーズっぽい。廉価製品のシリーズなんで多分工場とか全然別のラインだろうけど、まあちょこちょこと弾いてみたらそんなに悪くなく感じたので、新品だったらまあそこそこの評価だったんじゃないかなあと。

とにかく素性がはっきりしたのとポテンシャルは悪くなさげなので、今回はまあちゃんと使えるようにしてみようかと。

配線 

コントロール類は見ての通り1Vol, 1Tone, Balancerというごくごく普通のもの。しかし俺はこのPJの配線がどうにも好きじゃないというか、昔安いPJベースを持ってたときに音作りでどうしたもんかなと悩んだというか。結局スプリットコイルの方は単独で動作することが前提なのにシングルコイルの方はもう一方とハムキャンセルで繋ぐことを前提にしているのが悪いのかなあなどと思ったり。

なので今回はこいつは普通のPJの配線にはしないで、

という配線にする。これは普段はプレシジョンベースとして使い、ハイポジ使ったリードっぽいフレーズではもう一個のピックアップを直列で繋いで音色を変えるのが狙い。あと俺はトーンは一切使わないので1Vol+P単体/PJ直列切り替えスイッチの仕様にしてしまう。

ネック調整 

そんであとこのベースがジャンク価格で売られていた理由だが、これネックが激烈に反っててトラスロッド限界+弦張ってないという状態でも順反りしていてとてもじゃないけど真面目に使えるような物じゃなかった。というわけでネックを逆反りさせるべく、無理やりクランプで押さえつけることにした。

ぶっちゃけ真面目なリペアマンの人に見られたら卒倒するような事をやってる気がするが、これで2週間ぐらい放置したらトラスロッドを最大まで締めれば弦張ってもOKぐらいにはなったので良しとする。本当はもうちょっと頑張るべきだったのかもしれんが。

ボディ加工 

電装系は先の通り総とっかえなのだが、流石国産品、スイッチクラフトのジャックが使えねえ。なのでジャック用の穴もルーターで広げることになった。これと切り替え用のOn-Onミニトグルスイッチの穴を拡張すれば、今回のボディ加工は終わり。簡単でいいね。

ちなみに最初空いてた穴の一つはブラインドブッシュという奴で塞ぐことにした。お茶の水のBig Bossでたまたま見つけたんだが、こういう改造のときに不要になった穴を塞ぐのに使うっぽい。Volポットなどの他に3Wayトグルスイッチ用の奴とかも売ってた。

ピックアップの切り替えをミニスイッチではなくミニトグルスイッチにしたのは、最初からボディに空いてた穴のサイズの他に見た目と操作性の問題があった。何か俺ミニスイッチの切り替え時の感覚が好きになれないんだよな。あと単純に見てくれも好きじゃない。

完成 

弦は3音半下げのために50/70/100/130というゲージを張るのでナットを多少拡張したが、これが弦を擦り付けて拡張という原始的な手段なのでやっぱりリペアマンの方にはふざけんなと言われそうだ。まあ改造はそれぐらいで完成。

サウンドの方はまあ普通というか、肝心のPJ直列のサウンドは低音弦のローポジでは変な周波数帯域が強調されてイマイチだったが、高音弦の方ではなかなか。特に9フレット以降のポジションではP単発よりも俺としては好みのサウンドになった。まあこの辺も想定内だったが。

というわけで今回はネックの調整にクソ時間がかかったのを除けば、まあそんなに苦労することもなく終了。これを使った音源はまあそのうち。

更新履歴 

2013-07-28
公開