ギターのリフィニッシュ+α その2

承前

電装系 

塗装が一通り終了したので一旦パーツを組み込んでみる。意外と元のピックアップカバーは違和感がないが、まあ今回の方向性とは少し違うかなあ。一方でエスカッションは購入してみたもののちょっと違和感がある。妙に小奇麗なのもそうだし、元から着いてた奴よりも少しリアの方が大きいっぽい。これは頂けないなあ。エスカッションなしだと違和感が少ないので、このエスカッションはちょっと加工するか、あるいはいっそダイレクトマウントにした方がいいかも。

電装系は銅テープでシールドしてみたが、結局ピックアップからのノイズが多い(=ピックアップカバーなどでシールドする必要がある)ので、そっちまで一通り終えてからの評価になるかな。廃船も電装系も元から着いてた奴を切り貼りしての仮組みなので、場合によっては片っ端から付け替えるかも。細かいところで全然絶縁してないとかそういう手抜きがバリバリだし。

ピックアップの改造 

後今回は前々からやってみたかったハムバッカーのパラレル結線をやってみることにした。ハムバッカーは逆位相のシングルコイル2つをさらに磁極を逆にして繋ぐことでノイズを軽減しているのだが、この時に2つのコイルを繋ぐ方法はコイルをAとBとすると、

シリーズ
Aのホットをサーキットへ、AのコールドとBのホットを結線、Bのコールドをアースに落とす。
パラレル
AとBのホットを結線してサーキットへ、AとBのコールドを結線してアースに落とす。
フェイズアウト
AのホットとBのコールド、AのコールドとBのホットを結線して一方をサーキット、もう一方をアースに落とす。

この3つが考えられる。普通はパワーのあるシリーズ結線が使われるのだが、今回は物の試しにパラレルをやってみることにした。ちと見にくいが写真の状態から

  1. 黒のコードを切断して一方は白のケーブルと、もう一方は茶色のケーブルと結線。
  2. 茶色と結線した方をプレートのアースとさらに結線。

という手順でいけるはず。

ピックアップのシールド 

ピックアップのカバーを外すのは決定したのだが、どうにもノイズが酷いのでシールドせねばならん。ところで考えてみれば金属製のピックアップカバーのやっていることは強磁性体でない電気伝導体で誘導ノイズを受け止めてアースに落としているだけなので、銅テープでやっても同じ事だった。これはかなり雑にやったので見た目は悪いが、きっちりシールドできている。

そういや電装系のところで書き忘れたが、銅テープやアルミテープでシールドする場合、必ず金属面同士が触れて全体で1つの回路になるようにすること。例えば銅テープ同士を張り合わせる場合、一方の端の一部を軽く折り曲げてもう一方に触れさせるなど。

新ピックアップ購入&コントロールの落とし込み加工 

えー、ebayで頼んだパーツが中々来ないのでピックアップを弄って遊んでいたら、リアの方をぶっ壊してしまいまして。そんでどうすっかなーと思っていたところIbanezのV7&V8のセットが3,000円ぐらいで売っていたので、こいつに載せ替えることにした。パラレル出力に改造したピックアップは別の機会に使おう。ちなみにV7&V8はIbanezの上位モデルであるPrestigeの普及価格帯に搭載されているピックアップなので、まあまともな音になるのではないかと。

それでこのピックアップはコイルスプリットに対応しているのだが、普通のシャフトのpush-pullコントロールノブだとレスポールタイプのボディではシャフトの長さが足りない。かといってロングシャフトは高いしサウンドハウスや行きつけの楽器店で扱っていない。というわけで、以下のようにボディに落とし込み加工をしてシャフトの長さを補う事にする。

塗装が終わってからこういう改造をするとか我ながらとんでもない事をやってんなあ。あとこの加工は本来なら多分ルーターを使って大まかに掘ってからからノミ・彫刻刀・ヤスリなどで細かく仕上げるのだろうが、俺はそういった道具を持っていないしそもそもマンションでルーターを使って作業とか近所迷惑通り越してテロなので、棒ヤスリと紙ヤスリを使って気合で仕上げた。なので結構ガタガタなのだが、まあ塗装すれば幾分マシに見えるのではないかと。

電装系の組込 

落とし込み加工はこのぐらいで終わりにした。元よりシャフトの長さを補うのが主目的だったので、そんなに派手な見た目にするつもりはなかった。もう少しだけ広め&深めにして仕上げを丁寧にすれば、もうちょっとらしい見た目にはなったかもしれない。

コイルタップを組み込むと配線がカオスになりがちで、特に俺はハンダ付けが得意ではないので結構作業に時間がかかる。今回コントロールを思いっきりシンプルにしたのは、電装系の組み込みに余裕を持たせるという意味合いもあったりする。

あと一般的なギターの配線だとポットの背中にアース線を集中させてハンダてんこ盛りみたいなのをよく見かけるけど、俺はあれ後でパーツを変えるときにウザったいのでダメだと思う。どうせいつかはガリが出て取っ替えることになるんだからさ。で、どうせアースに落ちてりゃなんだっていいのだから、銅テープにハンダ付けした。これでもアースには落ちる。

完成 

更新が遅れた理由は日記の方を参照。まあ何だかんだいって一通りのパーツも揃えたので完成ということで。

ペグは海外のノンブランドの適当な奴。安物なので不具合が多ければ取り替えるかぐらいの気持ちで買った。

ブリッジはGOTOHのGB103-T。というか黒のチューン・O・マチックのブリッジがこれ以外に見つからなかった。最初は元から付いてたのと同じJacksonのBH-1993を取り寄せようと思ったが、あまり俺の手に合わないのでそれは見送り、GOTOHならまず安心だろうと思ってこれにした。でもテイルピースはノンブランドのわけの分からん奴だったりする。

というか最初は再塗装してちょっとパーツを黒で統一しようかぐらいの気持ちで始めたんだが、

とよくよく考えてみたら元から相当上のスペックになっていた。

かかった費用については細かい事は全然覚えていないので適当に書くが、

塗料
2,000円ぐらい? 刷毛まで含めればもうちょっと。
紙ヤスリ
1,000円ぐらいか? いや10枚入りぐらいのを番手ごとに買ったんで。
電装系
これも2,000円ぐらい。
ピックアップ
3,000円。
ペグ
1,000円。
テイルピース
1,500円だったか。
ブリッジ
5,500円。

あと消耗品じゃなくて今後も使うような工具類がちょこちょこと。安ギターが買えるぐらいの費用がかかっているが、まあそんなもんだろう。これを使った音源はまあそのうち。


Nervous Ghost

とりあえず試しに1曲録音してみた。これまでインストの録音に使ってきたギターと比べるとどうかというと、うーん。なんとなく中域が強い気がするが、そもそも結構な歪みセッティングなのでなんとも。まあ、適当にやってこのぐらいのサウンドで録音できれば御の字か。

その後の改造 

もうちょっとオールドスクールなサウンドと見てくれにしようと思ったのと、自作ギターキットにGotohのブリッジを使おうと思ったので、いろいろとパーツの入れ替えをした。

ピックアップはジャンクギターに付いてたSuper Distortionの初期型っぽい奴とフレットレス改造したギターのフロントの謎のピックアップを3芯に改造した。こういう改造作業の時はテスターがあるとどれがタップに使えてどれがアースなのかわかりやすい。ちなみに謎のピックアップは直流抵抗7.4kΩほどで、使ってみた感じでは組み立てキットに付いてきた奴よりは使えそうな音だった。

他のパーツは元のギターに付いてたクロームのものに戻した。

更新履歴 

2013-04-06
さらに改造した
2013-01-02
音源追加
2012-12-29
完成
2012-12-02
電装系の組込
2012-11-29
コントロールの落とし込み加工
2012-11-22
電装系の組み込みとピックアップの改造