ボロい中古ギターをフレットレスバリトンギターに改造

ある種のエクストリームミュージックを演奏するにあたってピーキーなギターが欲しくなったので、既存のギターを改造することにした。

今回必要としたギターのスペックは:

という案外見つからない代物だったが……。

改造前のギター 

多分春日のモッキンバード

千葉を始め一部地方にいくつか存在する鑑定団という中古ショップで入手。楽器店ですらないあたりでいろいろ察しろといった塩梅だが、まず状態は極悪。ペグはなんかガタが来てるし、ネックは反ってるし、ブリッジのコマは欠けてるし、バインディングは剥がれ気味だし、ガリノイズは酷いし、どこのメーカーかも不明で詳細なスペックが判らないし。

スイッチクラフトのジャックに換装しようとしたらサイズが合わなかったので、欧米産ではないと推測。*1 ヘッドの“K”のロゴを手がかりに調べたら春日とかいう既に存在しないメーカーの情報が出てきたが、しかし春日のモッキンバードはオリジナル同様に多種多様なスイッチが付いているはずだし、出てきた画像とはちょっとロゴが違う。となると後の候補は何かと調べてみたら、クズギターで有名なK-Garageだとほぼ判明。

スペック的には先にあげた条件全てを満たしているし、何よりしょぼくてどうしようもなくても今回意図している用途には問題ないのでこいつを改造する事にする。しかし前の持ち主が結構手酷く扱っていたというか、どうもいじくり回した形跡が見られる。そこからさらに魔改造されるのだから、まったくもって酷い話だ。

何故フレットレス? 

今回はフレットレスギターへの改造も行うのだが、そもそも何故フレットレスギターにする必要があるのか。それは今回ストップテイルピースのギターを求めた理由に繋がる。

ストップテイルピースはチューン・O・マティックブリッジと一緒に用いられている事が多いのだが、レスポールJrやメロディメイカーなど一部のギターはストップテイルピース自体がブリッジを兼ねている。そして仮に普通のチューン・O・マティックブリッジのギターからブリッジを取っ払ってストップテイルピースをブリッジの代用品にすれば、その分ナットからブリッジまでの距離が長くなるので弦のテンションを保ちやすくなる。

ところがこのような無茶苦茶な改造をすると、当然ナット〜ブリッジ間の距離が大きく変わるので、まずチューニングが合わなくなってしまう。今回のギターは5cm弱ブリッジの位置が後退し、結果として12fの音が半音以上ずれることになった。これはもうどうしようもないので、フレットレスにする他ない。

またスケール長は伸びたもののギターのネックの長さに変化はないので、実際に使える音域はその分狭くなっている。元が24fのギターなので、スタンダードEでチューニングした場合の音域は中央CをC4とすればE2〜E6が本来の音域だが、今回の改造の結果同じチューニングでもその音域は狭くなり、さらに実用的な音域はもう少し狭くなるはず。

簡単にまとめると、音域を狭める代わりにスケール長にゲタをはかせてテンションを稼ぐのでフレットが邪魔ということ。*2

フレットレスにすることによるサウンドや演奏性への影響は後ほど。

フレットの除去 

フレットを抜くには専用の工具が楽器店で売っているが(食切の先を削って自作もできる)、今回はマイナスドライバーとラジオペンチで頑張ってみた。結論から書くと専用の工具を使った方がずっといい。というかちゃんとした工具使わないとダメだ。時間がやたらとかかるし、何より怪我をしやすいのがマズい。仕上がりも非常に汚いというか指板をやたら傷つけやすいのでそういう意味でもまったくもって推奨できない。

まあ、そもそも素人がフレットレス加工なんてするものではないので、まともなフレットレスが欲しかったら普通にリペアショップに行くか最初からフレットレスの楽器を買えという話だ。ただしフレットレスベースはともかくフレットレスギターは売っていてもバカ高いものが多く、そもそもまず売ってないのでカスタムオーダーでもしないと手に入らず、そこがちと問題。海外のあんまり有名でないメーカーでなら、そういうカスタムオーダーを手頃な値段で受け付けているにはいる。ただし、自分である程度調整できるとか、出音に影響のない範囲の不具合に目を瞑れるとか、そういう人向けの事も多いが。

やり方としては、マイナスドライバーでフレットの端の方をこじ開けて少しずつ浮かせていき、ある程度剥がれてきたらあとは指なりラジオペンチなりで引っこ抜く。この作業の際にはスチームアイロン、あるいは濡れタオルをアイロンで押えるなどで指板を柔らかくして行うようだが、別にそんなクオリティが必要なブツでもないのでその辺は省いた。

フレットを抜き終わったら、本来は適当な埋木を接着剤でくっつけ、その埋木を指板に合うように削るらしい。なんでもパテで埋めるとネックが反る原因になる事もあるそうだ。指板よりも硬くなる樹脂で埋めるなら問題ないかもしれない。このギターはバインディング付きで輪をかけて面倒だったので、普通にパテで埋めた。そもそもフレットを抜く作業でやたらと指板を傷つけたし、元から結構ガタガタだったし、目的が目的だし、今更そんな事を気にする必要もないので。

パテ埋めした後は、サンドペーパーではみ出たパテを削る。これがまた大変というか、マスキングテープが剥がれてそこに潜り込んだ奴とかの除去が滅茶苦茶大変だった。ちょっと雑にやりすぎた。

指板のコーティング 

サンドペーパーをかけて終わりにしても良かったが、それだと指板が弦との摩擦で削れまくるので、非常に硬くなるタイプの樹脂でコーティングするものらしい。どうせポジションマークが役に立たなくなる事だし、思い切って指板を真っ黒にしてみた。

使ったのは2液混合型のウレタン塗料で、東急ハンズで入手。硬化時間は8時間とか書かれていたが、これは3日ぐらいを見ておけばいいとか何とか。一応説明書には完全硬化まで8時間とされていたが、仕事がちょいと立て込んでいたりしたので塗った後一週間程放置した。あと2液混合型の塗料は正確な比率で混合しないとダメダメなので、その点でも失敗しやすい。

ウレタン塗料は有機溶剤を使った塗料で極めて人体に有害な代物で、そうでなくとも引火すると相当ヤバい。使うときはきっちり換気するとかしないと非常に危険なので、ぶっちゃけ家の中で使うものではないなあ。俺の場合はちゃっちゃと塗りたくった後、ダンボールを被せてベランダに放置してどうにかしたが、そういうのができない人にはハードルが高い作業だ。みんなこういうのはどうしてんだろ。

あと先の写真で発泡スチロールの上にギターを乗せているが、あれはその時手近にあったものを使っただけなので、間違ってもその状態で塗料を塗らないこと。垂れた塗料が発泡スチロールをガンガン溶かしてすごいことになる。

塗料が完全に硬化したらサンドペーパーで表面を研磨。サンドペーパーは目の荒いものから始めていくのが基本らしい。こだわる人はコンパウンドで仕上げるようだ。研磨の際は指板のアールに合わせた当て木(これも楽器店で買える)を用いるのが安全。平たい普通の当て木だと凸凹にならないようにするのが難しいかもしれない。当て木なしは無理があるので、最低でも何かしら当て木を用いること。

写真はそのサンドペーパーかけの途中の画像。まだ表面に凹凸があるので、もうちょっと削らないとダメ。それでも最終的にはちょっと凹凸が残ったので、ちょっと今回は失敗。

仕上げ 

あとは以下の調整で終了。

通常のギターはフレットがあるという前提でナットの高さが調整されているので、フレットレスにしたならその分下げないとまともに演奏するのは困難。ナットの高さは思いっきり下げて良く、理屈の上では高さ0で指板と同じでも良いはずだが、今回はそこまで削ってない。ちなみに元から付いてたナットは作業中に割れたので、別のナットに交換。

ナットの幅とペグのポストの拡張は、バリトンギター専用のふざけた太さの弦を張るための加工。今このギターに張ってあるのはErnie Ballから出てるバリトンギター弦で、1弦から順に0.13/0.18/0.30/0.44/0.56/0.72となっている、これだと流石に6弦はポストが狭すぎて通らない。なので、ヤスリでちまちま削って拡張。

ナットはほぼ全弦に対して拡張が必要で、本来ならナットの溝を切るための専用工具を使うのだろうが、俺はホームセンターで適当にヤスリを揃えてそれでやった。いや、専用の工具は万単位で金がかかるので。

ともあれ、これで今回のギターの改造は終了。

弾いてみた感想 

演奏性はかなり終わっているが、これは俺が指板の処理を雑にしたのが理由なので、まあ自業自得か。

それはともかく、サウンドについてはハイポジションとプレーン弦での情けないサスティンがマイナス面での特徴。本当に音が伸びない。

マイナスでない特徴だと、フレットレスなので当たり前だが、スライド奏法で音が細かく変化するのがよくわかる。極端なディストーション+微妙な音の変化のスライドでかなりの不安感を醸し出せる。フレッテッドの状態よりもアタック感は弱めで、ちょっとぼんやりした印象。もっともアタック感の必要な音楽をこのギターでやるつもりはなく、ちょっと輪郭がボケてた方がいいのだが。

とりあえずこのギターで録ったのがこの5分ぐらいの即興演奏によるドローン・ドゥーム。これをパート毎にバラしてpaul stretchで引き伸ばしたのが、Crawling Chaos。(妹に聴かせたら「聴覚レイプ」だの「精神的ブラクラ」だの「お兄ちゃん頭大丈夫?」だの言われた。)

Crawling Chaos(Proto Type)

チューニングは全弦4音半下げ+6弦のみさらに1音下げのドロップF。6弦よりF/C/F/A♯/D/Gという驚異的なチューニングになっている。殆どベースじゃねえか。

脚注 

*1:パーツサイズはミリ規格とインチ規格があるが、間違えてパーツを買うことがある。ってか今回も間違えた。

*2:低い音を出すには「弦を長くする」「弦のテンションを下げる」「弦の線密度を上げる」の組み合わせになる。普通はテンションを下げてその分太い弦を張るのだが、それには限界があるので、弦を長くする=スケールを長くするわけだ。

更新履歴 

2012-02-29
脚注をちょっと追加
2012-02-25
公開