2016-03

2016-03-19 

今使ってるLine6のPOD X3 Liveは音質とか操作性は本当に気に入っているのだが、流石に型落ち品だしちょっとボタンの調子悪いしで割と前から買い替えを検討している。が、案外代替品がPOD及び後継シリーズの中にないんだよな。あくまでも俺の視点だが、PODのX3〜Firehawkのラインナップは

POD X3
Pros:アンプモデルの数が多い。歪み系なら後発のHDよりも良いという意見が少なくない。出力設定が結構細かくでき、例えばマスターボリュームをアンバランスド出力だけにかけてモニターアンプに繋いでモニターの音量を調整し、オーディオI/Fには最大音量で送るみたいなことができる。(ライブで卓とモニターをそんな風にしてる人もいるな。)
Cons: 型落ち品で修理などのサポートは絶望的。あとやっぱHDモデルのアンプみたいなのを求めると無理がある。エフェクトの接続順序が完全に自由ではない。
Amplifi
Pros:スマートフォンやタブレットでパッチを編集できるようになったX3シリーズ。回路が改善されて音質が上がっている可能性についてはよくわからん。
Cons:ベースモデルがない。アップデートで対応してくれるといいのだが。
POD HD, POD HD X
Pros:流石にHDアンプのクオリティは高い。エフェクトの接続順序の自由度が高い。フットスイッチへのアサインもかなり自由。
Cons:X3よりもモデル数がかなり少ない。追加のパッケージを購入することでかなり増えるが、それでも俺が今使ってるモデルがない。あとX3 Liveに比べてマスターボリュームや出力設定の適用範囲が大雑把で細かい調整ができない。(ライブやってる人だとこれで困っているようだ。)
Firehawk FX
Pros:HDモデルとX3までのモデルをほぼ統合。(HDの追加モデルパックは使用不可?)スマートフォンやタブレットでパッチを編集可能。
Cons:これもベースモデルがない。

とまあ、どれも一長一短で、結局X3 Liveを使い続けている。AmplifiかFirehawk FXにベースモデルが追加されたら、その時買い換えようかなと思ってはいるが、あるいはいろいろ諦めてPOD HD Xを買うか。