2015-11

2015-11-03 

晴れる屋のスタンダード神挑戦者決定戦に出てきた。デッキはバント大変異。

Bant Megamorph
4 平地
1 島
5 森
1 梢の眺望
1 大草原の川
3 伐採地の滝
4 溢れかえる岸辺
4 吹きさらしの荒野
2 樹木茂る山麓
4 始まりの木の管理人
4 棲み家の防御者
2 層雲の踊り手
4 死霧の猛禽
4 風番いのロック
4 搭載歩行機械
2 絹包み
2 勇敢な姿勢
1 否認
2 軽蔑的な一撃
3 ドロモカの命令
3 城塞の包囲
1 勇敢な姿勢
1 ドロモカの命令
3 正義のうねり
1 層雲の踊り手
1 軽蔑的な一撃
2 マラング川をうろつくもの
2 見えざるものの熟達
3 深海の主、キオーラ
1 否認

デッキの選択理由は、純正緑白よりはアブザンに戦えそうで、重いデッキに勝ちやすいこと、アタルカレッドが無理ではないこと。というわけで出たのだが……。

R1 アタルカレッド ○××
G1:相手土地引きすぎ。
G2:相手ブンまわり。
G3:トークン型相手に致命的なサイドミス&プレイングにも疑問点ありで負け。
R2 赤緑ランプ ○×○
G1:面晶体の記録庫をピン挿しの否認ではじいたら勝った。
G2:ガッツリ盤面作られて負け。
G3:こっちブン回り。
R3 ダークジェスカイ ××
G1:プレイミスで勝ち確を逃す。
G2:またもミス。というかダークジェスカイとの戦い方が分かってなかった。
R4 マルドゥドラゴン ○○
G1:城塞の包囲で相手のサイズを軽く上回って勝ち。
G2:相手事故。
R5 緑白鱗 ○××
G1:割とクロックパーミッションとして理想的な動きで勝ち。
G2:相手ブン回り。
G3:今思うと判断ミスだったかもしれないプレイングがあった気がする。
R6 アブザンアグロ ○○
G1:クロックパーミッションは1ターン1アクションのデッキに強いんじゃ。
G2:同上。
R7 ダークジェスカイ ○○
G1:今度はミスらんかった。
G2:クロパ対決は互いにノーミスならトップ勝負になるのでロック鳥4積みの俺の方が強かった。
R8 アブザンアグロ ××
G1:最後ライフ2点が削れず負け。アナフェンザを除去っても後続が出てくるとか、サイを連打されるとか、まあよく頑張った方だと思う。
G2:カウンター1枚も引けなきゃそりゃ勝てんわ。
R9 4Cプレインズウォーカーコントロール
G1:ジェイスが場に残ると勝てんわ。
G2:ジェイスとニッサとキオーラが揃うという恐ろしい場になって負け。

まあなんつーか、練習不足で負けたとしか言いようがない。デッキの感想を書くと、

  • 環境的にカウンターでテンポを取れるのは偉い。
  • トカゲは強いマッチアップが殆どなかった。
  • 棲み家の防御者は全てのマッチアップで強かった。
  • ロック鳥は強かったが、微妙にデッキの方向性と合っていなかった感が。
  • 始まりの木の管理人は強かった。
  • 搭載歩行機械はまあいつものという感じ。
  • 土地5まで伸びてほしいので、土地26+フラッドの受けという方が良かったかもしれない。
  • 伐採地の滝3枚はやりすぎだった。
  • 伐採地の滝を包囲で強化するのは強かったが、別にそれでなくてもといった感じ。
  • これは難しいところだが、環境的に払拭の方が否認よりも優先度が高そうだ。

といったあたりか。基本的に細かいテンポのやり取りで勝負が決まる事が多かったが、そうなると棲み家の防御者はちょっと悠長なのだよな。あと環境にドロモカの命令が蔓延している以上はエンチャントに頼りすぎるのは微妙な一方で、エンチャントまみれにすればそれはそれでという気もする。しかしテンポのやり取りとなるとソーサリータイミングでしか動けないのは大きなマイナス。

などと考えているうちにドツボにハマってきたっぽいので、次はもうちょっと脳みそに負担のかからないデッキにした方が良いかもしれん。

2015-11-09 

LMCCの権利持ってたんで参加。デッキはこれ。

Dark Megamorph
4 平地
1 島
5 森
1 梢の眺望
1 大草原の川
1 窪み渓谷
1 燻る湿地
4 溢れかえる岸辺
1 汚染された三角州
4 吹きさらしの荒野
3 樹木茂る山麓
2 アクロスの英雄、キテオン
4 始まりの木の管理人
1 隠れたる龍殺し
4 棲み家の防御者
4 死霧の猛禽
4 風番いのロック
4 搭載歩行機械
3 勇敢な姿勢
1 否認
2 軽蔑的な一撃
4 ドロモカの命令
1 払拭
1 残忍な切断
3 正義のうねり
2 層雲の踊り手
2 絹包み
1 軽蔑的な一撃
2 霜歩き
1 見えざるものの熟達
1 否認
3 自傷疵

また大変異かよ!いやまあ、他にまともな新デッキのアイディアが出なかったのと(だって他のアイディアがメイン自傷疵4積みの黒赤系デッキとかだし)、やはりもう一度使って限界を確認したかったというのがある。

で、結果は2日出て構築1-7のドラフト3-3。いやこれは酷い。環境初のドラフトこそクソピックで1-2だったが、2日目は中々の白黒ライフゲインを組めて2-1。(事故で1本落としたのが痛かった)なので問題は構築の方だが、これはもう負けるべくして負けたとしか言いようがない。

  • 1回のプレイミスで落としたゲームが4ゲームぐらいある。勝負所で手なりでプレイしてるので論外。
  • 先手後手で強さが変わりすぎ、というか始まりの木の管理人を置けたかどうかで強さが違いすぎ。キテオンは悪くなかったが、管理人ほどのプレッシャーではなかった。
  • 最序盤のクロックをひたすら守るデッキなのに、フィニッシャーが5マナもあって構える動きと合致しているとは言い難い。
  • 死霧の猛禽を墓地に落とす手段が乏しすぎるし、そもそも追放されてしまうので……。
  • そもそもクロックを守るためのカウンターが少なすぎる。

全体的にマリガン多すぎとか噛み合わない初手が来すぎではあったが、それは相手も理屈の上では同条件だし、そもそもクロックパーミッション自体噛み合い重視のデッキ故の脆さがあるのでしょうがない。というかダークジェスカイが強い理由はそういうクロックパーミッション特有の噛み合わなさをジェイスのルーター能力でカバーして、さらにメインボードのカウンターを払拭一本に絞り、相手の場に出た脅威は除去で対処&ジェイスで使いまわしてアドバンテージを取るという動きが出来るあたりだしなあ。結局まともなライブラリー操作のないクロックパーミッションを持ち込んだことが敗因という事になる。これがわかっただけでもめっけもん。

とまあ、結果だけ見ると散々だがゲーム自体は楽しくできたし、トップ8のプレイオフの最中に延々とLMC秋田から来られた方々と談笑したりボードゲームを遊んだり(枯山水がマジで面白い)、楽しい2日間だった。何より、プロツアーみたいな混合フォーマットの大会って他に全然ないしな。またどっかで権利を取って出場したいが、そのための時間が……。まあ、どうにかするか。

2015-11-17 

パロディとかそんなんじゃない、ガチでラヴクラフト作品をライトノベルにするという狂気。本当に誰か止める奴は居なかったのか、これは悪い夢ではないか、そういう思いが表紙と帯を見た時点で込み上げてきたのがこれ。

超訳 ラヴクラフト ライト1 クトゥルーの呼び声

これまでにオリジナル曲で何度かラヴクラフトの小説を題材にした曲(新アルバムのA Thousand Sacrificesなんかまんまラヴクラフト)を発表してきたぐらいにはラヴクラフト御大のファンというか、まあ影響を受けている身として、果たしてこれはアリなのかという好奇心から買ってみた。

何しろラヴクラフトのコズミックホラー作品というのは何が特徴かと言うと、基本的に人間は宇宙的な存在の前には等しく無力であるというところで、全集を読破して思い出せる範囲において人間がそういった宇宙的存在を退けるのに成功したといえるのは「ダンウィッチの怪」ぐらいで、「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」にしたって神話要素こそあれ基本は人間同士の戦いであり、概ねラヴクラフトのホラー作品は人間では推し量ることのできない大いなる存在に恐怖したり発狂したりグチャグチャになって死んだりという、人間の感情なんぞ知った事かなフォーマットが基調になっている。

そんな調子のラヴクラフト作品と、分かり易いところだと少年少女の苦悩や成長などの共感要素が重要なジュブナイル系フォーマットはどうあっても食い合わせが最悪ではないかと思って読んでみたが、案外まともな内容だった。いや文体自体はまったく俺の好みではないのだが、案外ちゃんとラヴクラフトしてた。オリジナルのキャラクターが出たり、キャラクターが置き換えられたりという要素はまあ勿論あるが、話の大筋やエッセンスがそこまで変わってるかというとそうでもないので、主要ターゲット層に合わせたアレンジ、言ってみれば「シャドウゲイト」の翻訳のようなカルチャライズの範疇かなあと。

とはいえ、オリジナルキャラのヒロインを出したはいいが、主人公との恋愛要素がマジでどうでも良くて空回り気味の「クトゥルーの呼び声」を読んだ時点では正直なところ「全集よりは確かに読み易い文体かもしれんが、まあこんなもんか」な印象だったが、ウェイトリー家に下働きとして雇われ、外界とほぼ隔絶されて育った少年の視点で描かれた「ダンウィッチの怪」の方はそれよかよっぽど良い仕上がりで、身近な人物が変容する恐怖や悲哀というラヴクラフト要素を思いの外きちんと扱っていてこちらは好感が持てた。

ラヴクラフト全集のいろんな意味で凄い文体というか、御大特有のゴテゴテした情景描写がダメだったという人に進められるかは定かではないが、まあ今のところアリかナシかでいえばアリな方だと思うのだが、次を買うかは微妙なところ……と思っていたが、2巻で扱うのはいろんな意味でオチが凄い「闇に囁くもの」ときた。アレ、ラストは主人公の文通相手が○○で××な事になって、とにかくもう嫌な予感しかしないのだが、どう料理するつもりなのだろうか。ちょっと買う気になってきた。