2014-08

2014-08-08 

地元のカードショップでFNMのブースタードラフトやってたんで出場してきた。10人参加だったんで、6人と4人に分かれて俺は6人卓。そんでピックしたのがこんなデッキ。

赤緑
9 山
8 森
2 国境地帯の匪賊
2 松明の悪鬼
2 ゴブリンの荒くれ乗り
1 かき回すゴブリン
2 密林の酋長
2 網投げ蜘蛛
1 スズメバチの巣
2 生きているトーテム像
1 年経たシルバーバック
1 包囲ワーム
1 青銅の黒貂
1 稲妻の一撃
1 火炎放射
1 燃え盛る怒り
1 熱光線
1 世界を目覚めさせる者、ニッサ
1 暴君の機械
1 集い
1 不可視
1 永遠の口渇
1 爛れ暗がり
1 アルタクの求血者
1 轟きの巨人
1 鉱夫の破滅
2 障害排除
1 衝動的な行動
1 侵入する生物種
1 春のシャーマン
3 人喰い苔野獣
1 自然に帰れ
2 新緑の安息所
1 暴君の機械

何これ。いやなんつーかこれを説明するとだな、

  1. 1パック目の初手でニッサを取って緑と心中する事を決定。この時流したシルバーバックが後に戻ってきて判断の正しさを確信。
  2. 一瞬だけ黒緑も見据えたが、赤の流れが良かったので赤のアグロ生物をピック。
  3. 2パック目初手で燃え盛る怒り、2手目でスズメバチの巣。
  4. 後は赤と緑だけを延々とピックして、合間に威嚇持ち(ってかスピリット)や爆弾対策で黒貂と機械をピック。

そしたら赤のアグロ生物でライフを詰め、緑のサポートクリーチャーでバックアップ、後はファッティが延々殴るかニッサか燃え盛る怒りで雑に勝利というデッキが組みあがった。環境最強火力の火炎放射も取れたし、かなりアカン生物であるシルバーバックも居るし、何より蜘蛛がいるのでこの環境のステロイドとしてはまずまずの仕上がりではなかろうか。(蜘蛛がいないと飛行生物がまったく止まらず火力頼みになる。)地上戦で押し込まれる事はなさげなところで、引いたら勝ちに近いカード2枚にルーターが居るのは強い。帰化がないのだけが不満だが、他はまあ良かったと思う。弱者狩りがあるとスズメバチの巣で悪さができたんだがなあ。

散々言われているようにM15のドラフトは相当なアーキタイプ環境で、強いカードをピックする以上に強いアーキタイプを作ることが優先されるのだが、何しろ緑はシグナルが分かりにくいという意見が多くて、実際俺もよくわからん。なのでかなり赤に寄せて緑を差し込むような形を意識したが、結果として正解だったようだ。赤緑は赤白や緑白よりもアーキタイプとしての強度は低いかもしれんが(蜘蛛がいないと死ぬまで飛行生物に殴られるし、追放除去ないし)、今回どっちもいなかったというか、俺の上家と下家が白黒に行って残りが黒緑、青タッチ黒、赤単みたいな状況だった。6人ドラフトでこれなので、白に行った人は赤と緑を取りにくかったのかな。

以下、スイスドロー3回戦の結果。

R1 白黒ライフゲイン
G1:魂癒し人×2でライフが射程圏外に行きかけるも、燃え盛る怒りで両方排除。燃え盛る怒りの付いたクリーチャーは除去されるも、シルバーバックが延々ぶん殴って勝ち。
G2:こっちの引きがぬるい間に肢体の壁×2を延々育てられてライフも大量に回復されて万事休すと思ったが、世界を目覚めさせる者、ニッサが登場して場は一変。ニッサの奥義発動→かき回すゴブリン以外でフルアタック→かき回すゴブリンでドロー→稲妻の一撃をトップデッキして勝ち。最後稲妻の一撃以外何引いても返しのターンに壁シュートで死んでいたはず。ギャラリーも大盛上がり、今日のハイライトだった。
R2 白タッチ黒トークン
G1:相手事故って勝ち。
G2:霊魂の絆出された上に集団の石灰化打たれて負け。
G3:霊魂の絆もあってトークンを結構出されたが、火炎放射と網投げ蜘蛛でビタ止まりさせてから燃え盛る怒りでゲームぶっ壊して勝ち。やっぱこのレアはかなりアカン。
R3 赤単
G1:やや押してる盤面でニッサが出たら負ける理由が無い。
G2:相手が発生器の召使い→小走り破滅エンジンと展開して6点。松明の悪鬼で除去するもそれで6点。後は溶岩の斧×2で死亡。
G3:国境地帯の匪賊→ゴブリンの荒くれ乗り→生きているトーテム像→燃え盛る怒り→暴君の機械で蹂躙して勝ち。

というわけで3-0でトップ。これまで3回ドラフトやってスイスドローで0-3、シングルエリミネーションで1没、スイスドローで1-2と負けまくっていたのでかなり嬉しい。特に赤緑は前に同じ店でやって0-3してるしな。レアカードは順位取りだったので当然のごとくニッサをお持ち帰り。まあ今回は明らかにパックというかレアが強かった。ニッサだけで2ゲーム取ってるし、燃え盛る怒りでも相当取ってる。あとかき回すゴブリンはかなり偉い。稲妻トップ以外でも無駄な土地捨ててデッキを掘り、火力やフィニッシャーを手早く引き入れて勝利に貢献したゲームがあった。

それとM15のドラフト最強は白で次点が赤、あとは意見が結構分かれていて緑と黒が弱いという意見が目立つ気がするが、プロツアー「マジック2015」のドラフト記録見ると、3-0したデッキの大半が白絡みで続いて赤、緑、青、黒の順。それで3-0率が一番高いのが緑白の組み合わせと考えると、緑は弱いというよりもアーキタイプの許容度の問題があると見た方がいいのではないか。今回の緑は赤か白に序盤を任せてバックアップとフィニッシャーを受け持つみたいな強そうなので、逆に序盤に不安のある青と黒と組ませると赤や白の速度に付いていけず、コントロール気味にするなら緑使わんよなという。

他、何回かドラフトやっての雑感。

  • 網投げ蜘蛛は本当にヤバい。これに勝てる飛行生物は包囲ドラゴンとラヴニカの魂のみ。これがあるだけで緑の評価を下げる気がなくなるというか、線の細い飛行デッキはこれだけで負ける。これがコモン。
  • シルバーバックはやっぱりアンコモンなのはマズい気がする。これで殴ってるだけで勝ったゲームがあるし、これで殴られて負けたゲームもある。
  • 生きているトーテム像は想像以上に強い。これで蜘蛛や赤のアグロ生物を強化すると大変な事になる。ゴブリンの荒くれ乗りが4/3になって殴ってくるんだぞ、大丈夫か?
  • 密林の酋長はやっぱり強すぎる。これでシルバーバックを強化とかゲームになってない。
  • スズメバチの巣は出すと相手の手が止まる。笑えるぐらい止まる。
  • アーキタイプという観点からは、緑は赤か白と組まんとやってられない。青緑はちと微妙だが、バウンスと蛙変化で頑張れるのかもしれない。抜け道魔導士取れたらゲームをぶっ壊せるし。黒緑は基本間に合わんと思う。(間に合ったら相手がげんなりする盤面が作れそうだが。)
  • ボムのケアをできないと死ねる環境だが、ボム対策は概ねコモン。そんな中で燃え盛る怒りは大抵のボムクリーチャーを対処できる上に刺し傷の付いた自軍を粛正したりとかなりおかしい。

まあ、そんなところ。

2014-08-10 

10年ぶりにスタンダードのデッキを作ったので、ゲームデーに行ってきた。場所はアメニティドリーム秋葉原。以下が今日持っていったデッキ。

命は投げ捨てるもの
9 山
8 森
2 奔放の神殿
2 マナの合流点
4 国境地帯の匪賊
2 モーギスの軍用犬
4 ゴブリンの熟練扇動者
4 エルフの神秘家
4 ケンタウルスの武芸者
2 黄金の雌鹿
4 ゼナゴスの狂信者
4 タイタンの力
3 マグマの噴流
4 剛力化
3 生命の遺産
1 世界を目覚めさせる者、ニッサ
4 稲妻の一撃
3 かき立てる炎
3 再利用の賢者
1 セテッサ式戦術
2 垂直落下
2 都市国家の破壊者

コンセプトとしてはステロイドというよりはストンピィに近い。つまりマナレシオの良い小型クリーチャーを延々パンプしてひたすら殴るというもの。M15で剛力化などのパンプアップと相性のいい生命の遺産が作られたので、それで中盤以降無駄になったマナクリーチャーなどを生贄にしてどんどん盤面を強くしていくというのが狙い。またゴブリンの熟練扇動者はこのデッキに打ってつけで、他のゴブリンへの攻撃強制が合計8枚のコンバットトリックの目くらましになる上、それらを生命の遺産の種に使って後続を手に入れ、相手が面展開に付いていけなくなった所で剛力化などを打ち込むというプランもある。

さてそれで上記のリストのツッコミどころだが、まずマナの合流点が2枚しか入ってないのは何故かというとだな、勿論これは1枚は初手に来てほしいけど2枚引いたら土地からのダメージが痛すぎるなあとかそういう理由もあるが、いやまあ単純に4枚揃えると6,000円以上かかるのでケチったというのが真相である。奔放の神殿は何枚もあるとテンポロスが酷いが占術はこのデッキには嬉しいという理由で2枚にしているのだが。ちなみにモーギスの軍用犬も本当は4枚入れたかったが持ってなかったので現地調達を考えたが、時間がなくて買えなかった。サイドボードのセテッサ式戦術が1枚なのも現地調達に失敗したため。

お洒落に1枚差しされているニッサは一昨日のFNMで手に入れたので、グダったときに引けたらラッキー程度で入れてみた。実際の所土地の少ないデッキなので3枚も入れるのは無理なので、まあいいかなと。でも生命の遺産3枚は多いかもしれないので(これも中盤以降に盤面をさらに強化するプランだし)、1枚ニッサに変えてもいいかもしれない。でもニッサ高いからなあ。ピン買いするつもりは毛頭ないので、またドラフトとかやってて集まるのを待つか。

何か酷くなめた事を書いている気がしてきたが、それでもこのデッキはブン回ったときのクロックはなかなか早く、以下のようなパターンで4Tキルまである。

  1. 1T:森かマナの合流点からエルフの神秘家
  2. 2T:赤マナ含む3点出せるように土地置いてゴブリンの熟練扇動者。トークンで殴って1点。
  3. 3T:相手が無抵抗ならゴブリンの熟練扇動者とトークンで6点。とりあえずブロッカーを火力で焼いたとする。
  4. 4T:同様にゴブリンの熟練扇動者とトークンで8点。あと5点分のコンバットトリックがあればゲームセット。

あとゴブリンの熟練扇動者2体並べる動きも強烈で、その場合もかなりのキルターンの早さになるはず。最強のパターンは3Tにゴブリンの熟練扇動者にモーギスの軍用犬授与で、3Tにして6/4の強烈なクロックが形成される。しかもこれブロックしてもトークンが止まらないのが相当ヤバい。ちなみにこのデッキは実戦投入するのは今日が初めて、つまり上の御託はすべて俺の妄想と一人回しの産物であり、メタゲームとか他のデッキの平均キルターンとか何も考えておらず、サイドボードに至っては

  • 青単に当たったら嫌だからセテッサ式戦術入れよう。
  • クルフィックスの狩猟者割りたいから再利用の賢者入れよう。
  • 飛行が止まらんから垂直落下入れよう。
  • あとは相手のキルターンが早そうだったら火力入れて後手から盤面握れるようにしよう。

とこれまた適当な妄想で作り上げている。

そして戦った結果が以下。参加者14名、スイスドロー3ラウンド。

R1 ゴルガリミッドレンジ?
G1:ブン回り。熟練扇動者2枚で撲殺。
G2:森を引けずに展開が遅れ、変わり谷やロッテスのトロールに撲殺。
G3:互いにワンマリ。相手の引きが悪い間に並べて撲殺。エルフの神秘家を即座に焼いたのが良かった模様。
R2 ジャンドアグロ
G1:後手ワンマリ。ブン回されて負け。ってか相手も4〜5キル狙えそうな高速ビートダウンだった。
G2:先手からブン回って勝ち。このあたりで相手は一点突破、こっちは面展開と色とタイプの違いはあるものの、狙いがかなり似ていることが判明。
G3:後手だが扇動者でトークン生成→剛力化とタイタンの力連打で撲殺。他がまだG1だったりしたのでもう数ゲームやったが、互いにキルターンが異様に早くて大笑い。アグロデッキ同士のデュエルは面白いが心臓に悪い。
R3 アゾリウスコントロール
すでに決勝出場が確定していたのでID。フリーでやったら0-2。まあ対策カード入ってなかったし、そもそも相手のデッキはプロツアー優勝者のデッキと90%ぐらい同じだった。

というわけで決勝シングルエリミネーションに出場。オポ差で先手が取れたっぽくてワンチャンあるかと期待してみたが……。

R1 青黒緑コントロール
G1:先手始動3Tの手札をキープ。熟練扇動者3体並べて勝ちかけるも、花崗岩の凝視で全部除去されて負け。
G2:土地置くのが1T遅れた瞬間の群れネズミで投了。いやこれゲームになってねえよ。

以上、スイスドローは2-0-1で決勝1没。全体除去がキツかったが、それはまあプレイングで多少はケアできると考えると案外戦えるデッキになっている感じ。他に気がついたことをいくつか。

  • 黄金の雌鹿はまず不要。結局1Tにマナエルフからのブン回りでしかマナクリーチャーは要らんので、モーギスの軍用犬に変えよう。
  • ゼナゴスの狂信者は案外重い。3マナ出る頃というのはゴブリンの熟練扇動者にモーギスの軍用犬授与とかパンプ打ちまくって荒らしにいくタイミングで、そこで3マナ4/4が出てきてもという気がする。いやこいつ自体は強いんだが、もっと強いアクションが欲しい。
  • やっぱ1Tが高確率でマグロなのはアグロデッキとしてどうかと思うので、1マナの優秀なクリーチャーを入れた方が良さげ。鋳造所通りの住人はゴブリンの熟練扇動者とシナジーがある上、攻撃強制もコンバットトリックのデコイと考えればディスシナジーではない。1T鋳造所通りの住人→2T国境地帯の匪賊→3Tゴブリンの熟練扇動者でも3T終了時の累積ダメージが9点、4Tにもう12点で相手が無抵抗なら4Tキル。
  • そもそもこのデッキはメインで火力とか要らねえ気がしてきた。相手のボードに触れられないのはマイナスだが、どうせ何に当たるか分からんメインデッキはキルターンを早めることとアグロ生物の生存だけ考えた方が良いように思える。

タルキールで何が入るかわからんが、しばらくこのデッキは使いつづけると思う。そういえば最初にMtGを始めた時も使っていたのは赤緑のアグロだったな。やっぱり俺にはこういう尖ったアグロデッキが合ってるんだろうな。


追記。双つ身の炎を入れれば以下のパターンで3キル。

  1. 1T:土地→エルフの神秘家
  2. 2T:土地→ゴブリンの熟練扇動者
  3. 3T:土地→双つ身の炎×2 or 双つ身の炎+剛力化 or 双つ身の炎+タイタンの力+エルフの神秘家攻撃

そこまで行かずとも4キル率は上がるかもしれん。例えば以下のパターン。

  1. 1T:土地→鋳造所通りの住人。
  2. 2T:土地→国境地帯の匪賊。
  3. 3T:土地→ゴブリンの熟練扇動者。
  4. 4T:双つ身の炎を撃てば、相手にブロッカー2体居ても鋳造所通りの住人がパワー4なんで匪賊とトークンで9〜10点入る。コピートークンを無視された場合は13点ぐらい。どっちにしろタイタンの力で殺せるので土地3つで止まっても問題ない。

双つ身の炎で作ったコピーは生命の遺産でサクってもいいので、実はこのデッキに結構合ってるかもしれない。パワー3以上の生物のコピーをサクれば、4マナと手札2枚消費で3ドローになるので霊感あたりと同等のドロー効率。それに3点打撃が付くなら儲けものかもしれない。

2014-08-13 

ハイスコアガールがSNKプレイモアのキャラクターを無許諾で使っていたことに関しては、何というかマジで編集は何をしていたのかとしか思えん。それどころか現時点でSNK以外にも無許諾のところがあったというのも解せない話だ。何しろスクエニは自分の所のIPについては中々うるさいところだし、ディズニーという世界でトップクラスにうるさいところと仕事してるし、そこの雑誌がろくすっぽ許可取らずに他社のIP使ってたというのは信じられん。もっとも下記の記事を読む限り、現場がド無能で上層部に話が行っていなかったとも考えられるし、しかしそんな事あるのかいなとも思うわけで。

まあ、この辺は今後の裁判とかで明かになるのかもしれないし、ならないのかもしれない。しかし残念だ。

上記とは別の論点としてハイスコアガールの作中でのゲームの使われ方はいちいち事前に許諾を取らないといけないようなものか、というかSNKが「悪質」と申し立てるようなものか、もっといえば他国のフェアユースにあたるのかというものもあるが、その論点でも俺はあまり楽観視していない。元々フェアユースって教育や批評、報道などの文脈で使われるものなので、純粋に商業的な作品ではどうなのかというと、フェアユース規程のある場合でも難しいように思える。そもそも日本にはフェアユースの概念がないというか、確か過去にフェアユースを否定するような判決が出ていたようなので、尚更。