2011-06

2011-06-02 

あと数日で3DS用のVCが使えるようになるんだが、そのラインナップにロックマンワールドが!ということは、無印ロックマンなんかと同様に今後も配信される事を期待していいんだな?っていうか配信してくれ。ロックマンワールドシリーズも実機で持ってはいるんだが、流石にもうカセットにガタが来てて半分ぐらい起動しねえんだ。GBCだとロックマンXサイバーミッションとソウルイレイザーもあるけど……うん、まあ、そっちもあればあったで。

2011-06-07 

今日から3DSのニンテンドーeショップが使えるようになったので、以下のソフトを購入。

ロックマンワールドは久しぶりに遊ぶとえらく難しい。E缶がない上に操作性や移動範囲の関係で被弾しやすいという条件で、終盤にボス5連戦があったりするからな。パスワードが前半ボス4体を倒したところまでしかなく、そこからそのボス5連戦があって道中も長めなワイリーステージ1という構成が鬼だ。やはり道中が厳しく、特殊武器の関係上ほぼワンチャンスでワイリーを仕留める必要のあるワイリーステージ2も難しい。それでもきちんと攻略手段を講じられるあたり、開発会社の地力が伺える。

星のカービィシリーズはゲームが下手だったガキの頃でも比較的スムーズにクリアできたゲームだったが、今こうして遊んでみると実に良心的な作りだと再確認。そういや初代の時点ではコピー能力は無かったんだが、お馴染みのBGMとかアクションゲーマー向けの高難度モードとかはこの頃からあったんだっけか。

ひゅ〜ストンはぶっちゃけてしまえば延々トラップを掻い潜りつづける3Dアクションなんだが、スライドパッドで移動するだけという割り切った操作の覚えゲーだけに中毒性あり。データをロードしてる最中のメッセージが「井戸の中を想像中」だったり、そもそも井戸の中を落下するのを想像するシチュエーションの時点でアレだったり、バカゲー度も高い。

さてロックマンDASH3プロローグはいつ配信されるのだろうか。

2011-06-19 

比較的多くのプログラマが普遍的に持つ欲求として「自分でプログラミング言語を作りたい」というものがあるように思えるが、正直なところ自分が以下の三つのどれに当てはまるか明確に言えないのであれば、憧れだけ持っておいた方が良さそうに感じる。

  1. その言語でやりたい事がある。特殊な用途であれ、既存の言語の改良版であれ。
  2. 実用性はさておき、その言語の仕様あるいは実装方法に興味深いところがある。
  3. 学習目的の習作であるなど、言語を実装する過程に意味がある。

これは成功しそうな順に並べてみた。俺はいわゆる汎用言語を作ったことはあまりないが、特殊な用途の言語はいくつか作ってきたし、今の仕事がまさにそうだ。そしていずれの場合も、その言語で何を行うかという点については明確であった。趣味でいわゆるEsoteric programming languageを実装してみることもあるが、それは大体二番目か三番目のケースだ。

俺の見かけた中で「アチャー」な状態になってる人というのは、学習目的というわけでも興味深い言語を作っているわけでもなく、ただ単に言語処理系を作ることが目的化しているような人だ。


もっとも上記の内容は言語処理系の開発に限った話ではなく、そもそもソフトウェアに限定される話でもなく、何かを作るという行為全般に言えることだと思うが。


プログラマと言えば腰痛や肩こりが職業病のようなものなのだが、今までノーマークだった肩こりが予想以上に危険だということを比較的最近知った。というのも、肩こりが酷いと喉や胸への圧迫感と嘔吐感が出たりなど、より広範囲に症状が出るとのこと。どうもここ二ヶ月ほどの喉の不調の半分は喉の炎症で、もう半分は肩こりだったようだ。また肩こりは案外未解明な部分が大きいようだが、一方で喉や鼻の不調で首の付近の筋肉が強張ることが原因の一つという話を聞いたことがある。

結論としては、まだまだ耳鼻咽喉科と整形外科に通院しないといけないということだ。ただでさえ鼻腔がやや湾曲していてさらにアレルギー性鼻炎持ちなので、鼻の調子は大体いつも良いとは言えず、また喉も炎症をおこしやすいようで、それらと肩こりの相互作用というのは思いのほか厄介なようだ。

2011-06-22 

ここ最近聴いてる音楽の話でも。

2011-06-30 

ここ最近肩こりと腰痛が酷くていろいろしんどいのだが、だからといって立ち作業に切り替えようにも

という条件を満たせるような机がなかなか見つからん。ニトリが高さ調節可能な机を販売しているのだが、よりによって今現在の販売ラインナップにある商品は昔の奴より調節可能範囲が狭くてちょっと厳しいかもしれない。というかなぜ昔は8段階調節可能なものを売っていたのに、今は5段階までのものしかないのだ。