return0 note

2017-05-09 

先日職場の同じチームのメンバーから「作曲ってどうやってやってるんだ?」と聞かれたので、少しだけ作曲方法について書く。

今のところ俺のやってる音楽はデスメタル/デス・ドゥームなので、普通の音楽理論は概ね役に立たない。というのもこれらの音楽は1曲通してコンビネーションオブディミニッシュスケール(通称コンディミ)で弾き通す事が多いのだが、このスケールは例えばジャズなどでドミナント上で使われるスケールで、ましてやポップスや普通のロックで1曲通して使うような代物ではない。これは暗にケーデンスなどのコード進行の手法が概ね使えない事も意味しているので、デスメタルを書こうと思ったらそういった知識はひとまず窓から投げ捨ててよい。(メロディックデスメタルなどは案外そうでもないが、俺のやってる音楽ではないので除外。)もっともコンディミを使わない場合でもあまり音楽理論的にどうこうというのは気にせずに曲を書いているが、分析したら既存の理論で説明付くかもしれない。が、それはまあ置いておく。

大体の場合において、俺は曲を書くというよりもまずはギターを適当に弾いてリフを作る所から始まる。ここは別に体系化されたプロセスではないが、概ね以下のようなパターンをベースに適当にやってる内に何かしらできる。

  1. 16分or3連符のトレモロピッキング
  2. 符点8分音符を絡めたスタッカート
  3. パワーコードなどのダブルストップ連打
  4. 8分中心の単音フレーズ

リフとしてまとまったあたりでダメだと思ったら即座にボツ、使えそうだったらtuxguitarに打ち込んでおく。この時点では曲の体を成していないが、あまりそれは気にしない。大体の場合は8小節のフレーズを打ち込んだらその時点で一旦寝かせておくが、たまに続きのフレーズが思い浮かんでくるのでそのまま完成させることもある。

曲として完成させるにはここからフレーズを発展させていく必要があるが、このプロセスは一定の手法に従って一旦は進める。例えばリフの後半が上昇系フレーズだった場合は下降系フレーズに置き換えた奴を付けて小節数を倍にしてみる、4小節×4で纏めようと思ったら3小節めに変化を持たせる、ギターとベースのリフは変化させずにドラムのフィルインで曲を進行させるなど。案外この程度で深く考えずに作ってもそれなりにはなるし、それが最終版の譜面になることもある。(レコーディング始めてからに変わることも多々あるがまあそれはそれ。)

このようにして最初のリフのパートを完成させたら、次のパートに移る。ここは先のリフが刻み系だったらダブルストップ系にする、スタッカート系の次は刻み系にするなど、前のパートを受けて別のタイプのリフを使うことが多い。同系統のリフを使う場合はフレーズ自体の印象が変わるようにする。ここまでのプロセスをサイクルで回して曲ができる感じだ。ちなみにギターソロやリードギターのメロディはバッキングに合わせて適当に弾いて、良かった奴を譜面に起こすという形で書いている。この時も気に入ったフレーズが出来た時点で残りの部分は書きソロの形で書いてしまうので、例えばインプロヴァイズで弾き切る事は殆どしない。

またアルバムを作る場合は4曲ぐらい書いた時点でアルバムの全体像を考える。 Lycanthropeはドゥームの要素のあるデスメタルといったところなので、 10曲入りのアルバムの場合、BPM170以上のスピードナンバーが4曲ぐらい、スローでドゥーミーな曲も同じぐらい、中間のテンポの曲が2曲とか、そういう構成を考える。

また曲のテンポ以外のバリエーションという点も考えておき、速い曲も"World to End"のようなスウェディッシュデスメタル系、 "Despoiler of Souls"のような幾分グラインド色のあるもの、 "Angel's Bane"のようにスタッカートリフで押すタイプなど、似たようなBPMでも印象が異なるように曲のタイプを多少は散らしておく。またこの時曲のキーやスケールもある程度分散させる。

ちなみに2ndアルバム"Boundaries of Blood"は以下のような構成になっている。

タイトルBPMメインのスケール備考
World to End200Dコンディミ/Dフリジアンスウェディッシュデス系、ソロのみフリジアン
Sea of Grief104Aドリアンパワーコード刻み+白玉バッキング+ほぼ全編リードギター
Bloodshed156Bコンディミ単音フレーズ→ドゥームリフ→刻み系
Deranged200Aコンディミ/Aドリアン刻み系→ゴシック・ドゥーム系フレーズ
Stab Wound70〜124クロマチック/Aコンディミドゥーム→刻み+パワーコード
Under Rotting Sky56Bロクリアン単音フレーズ主体、ツインハモリあり
Grim Messiah164Dコンディミ8分刻み→単音フレーズ→パワーコード連打
A Thousand Sacrifices174Cコンディミパワーコード+16分刻み、3/4拍子と6/4拍子に変化
Despoiler of Souls225Eコンディミスタッカート→16分刻み
I am the Shade76Bロクリアンパワーコード系リフ、ソロはEマイナーペンタとEフリジアン(Bロクリアンの平行調)

アルバム制作の途中からは、割かしパズルを解くような心持ちで曲を書いている。今のところ一番評判の良い"World to End"なんかは「アルバムの1曲目」「高速ナンバー」「高速ナンバー中最もメロディアス」みたいな制約ありきで書いた面が結構あり、案外こうして自分に制約を課して作った方が俺の場合は良い結果になりやすいようだ。

2017-04-30 


Evil Essence

Lycanthropeの2nd EPとなる"Evil Essence"をリリースした。内容は以下の6曲。

The Dawn of Fools
制作中の3rdアルバムに収録予定曲の先行リリース。とはいえ、アルバムではアレンジ変えると思う。楽曲的には前作で取り入れたスウェデイッシュデスの要素を順当に受け継いだ高速デスメタルナンバー。ちなみに収録した理由はEP用に先行収録する候補曲が3曲ぐらいあって、それらのうち一番あっさり完成した奴というだけの理由。いや、忙しかったんだよ!またデスマーチだったんだよ!
Megalomania
去年に続いてまたしてもデスマーチで心身のコンディションが最悪な状態で作曲したらこうなった。 7分以上あるし歌詞がいつも以上に酷いし、何のつもりでこの曲を書いたんだろうか。
Mortal Remains
2ndアルバム"Boundaries of Blood"のアウトテイクのインスト。当時概ね完成していたが、入れる余地がないと判断していたのだが、曲としてはまあ悪くない、というか言い訳の余地が無いぐらいParadise Lost。
World to End
2ndアルバムからの再録。今回チューニングをスタンダードAからドロップBに変えているので(+ギターのオーバーダブを増やしている)、過去作から1曲ずつ再録しようと思った。でまあ、2ndから再録しようとして他の曲って候補に上がるかね?
Reveal the Truth
1stアルバムからの再録。他にも候補がないわけではなかったが、何だかんだいって1stで一番気に入ってる曲がこれなので。
Eyes of the Insane
1st EPからの再録。これも単純に一番EPで気に入ってる曲だから再録。

今日のM3 2017春でも販売したが、今回はちょっと趣向を変えて中音量スペースでデモ演奏をすることにしてみた。そうした理由は特になく、強いて言うならいい加減人前で演奏したくなったというだけなの話なのだが、これが予想以上に大変だったというか、いろいろ予想外だった。

まずM3の中音量スペースでは使用できるアンプのワット数は5Wが上限なのだが、この5WというのはRoland Mobile Cubeとかその辺のワット数で、まあ室内で鳴らす分にはいいんじゃないの程度のものになる。つまりあまり大音量は想定されていないというか、出せるには出せるがすぐに音が割れる。

という事を考えるとどの参加者もそんな大音量は出さないはずで俺もそれに合わせないといけないので、バックトラック用の音源はギターの音量と帯域に手を加えてマルチエフェクターの音作りもそれに合わせて、まあそこそこの音量でモニターしながら演奏できなくもないかなー、といった調整にして当日を向かえたのだが、実際に始まってみるとアコースティック系の楽器や生歌の音量が凄まじく、 5W程度のアンプの許容範囲内の音では太刀打ちできない結果に。

これはもう構造的に仕方がないのだが、極端なディストーションサウンドというのは要するに音が飽和して潰れている状態なので、本質的にあまり抜けの良いサウンドとは言い難い。それで生歌やアコースティック系に立ち向かおうとするならそれなりの音量が必要になるが、それは機材の制限があるので無理だし、そもそも制限が無かったら無かったでこっちが物凄い迷惑をかけるだけなので、まあ詰んでいる状態ではあった。結局バックトラックのモニターはほぼ諦め、カウントだけ聴いて後は気合でズレないように演奏するという無茶をせざるを得なかったが、そこまでギリギリのセッティングにしてもあまり俺の演奏が良く聴こえる状態では無かったようだ。とはいえ、そういう条件を考えればそこそこの演奏にはなったかなと。疲れて最後の方はヘロヘロだったけど。

またそんな凶悪なコンディションの中でもわざわざ近くに来て演奏に耳を傾けてくださる方もいて、そういった点では非常に良かったし得るものがあっただけに、次に中音量スペースに参加するかどうか微妙と思わざるを得ない課題が見えたのがうーんといったところ。というか明らかに俺以外の参加者にも割を食っていた方がいたのだが、これは今後改善されるのだろうか。いやジャンルも楽器もバラバラ&施設のスペースみたいな条件を考えると、もう本質的にどうしようもない気がしなくもないのだが。アコースティック系とそれ以外という分け方は、それこそ小音量楽器が大音量楽器に埋もれるのがより酷くなりかねないので難しいだろうし、デシベルで測ってどうこうというのも難しい話だろう。

もしも今後また中音量スペースで参加するなら、それこそノートPCを持ち込んで会場の状況に合わせてEQや音量を調節していくしかないかもしれない。そこまでやらないにしても、最低でも以下のような構成にする必要があるか。

今回はそこまで追い込まなかったのでより大変な事になったという側面がなくはないので、もう1回ぐらいなら本当に無理なのかどうか試すために参加してもいいかなとは思う。それでダメだったら今後はまたレギュラースペースでの参加に戻るかな。いやそもそも中音量スペースに足を運ぶ参加者は層が全然違っていて(企業ブースもあったし)、前2回のメタル/ロック各離島みたいな環境とは勝手が違いすぎたので、その意味でもレギュラースペースに戻った方が良さそうな気がしなくもない。

さて、秋のM3はどうするかね。参加するかどうかは未定だが、アルバムのマテリアル自体はあるので、制作が間に合えばなくもないといったところ。それとまた仕事でデスマーチに巻き込まれたりするといろいろ面倒なので、仕事の方がどうなるかというのが問題としてあるか。というか仕事のスケジュールとの兼ね合い次第で今後もソロプロジェクトで続けるのかちゃんとバンド組むのかとかが決まってくるが、マジでどうしたものかね。